Skip to content

アクティビティ

Scratch ジャンプ猫

初級 | Scratch | 加速度センサー | シーケンス

ステップ1: 作る

説明

Scratchとmicro:bitを使って、柔らかいおもちゃを空中に投げると同時に、スクラッチキャットをジャンプさせましょう。

Scratchプロジェクトのスクリーンショット -ネコのジャンプ

動作の仕組み

  • バッテリーパックをmicro:bitに取り付けて、Scratchに接続します。つぎにmicro:bitとバッテリーパックを柔らかいおもちゃに取り付けます。 柔らかいおもちゃでmicro:bitが保護されるので、もし落としても壊れませんよ!
  • Scratchチームのクレッグのすばらしいデモに着想を得たものです。micro:bitの加速度センサーを使って、micro:bitが空中に投げられたと同時に、Scratchキャットのスプライトをジャンプさせます。
  • 投げるたびにスプライトの色が変わって、「ニャー」と鳴く声の高さが高くなります。
  • Scratchの「~秒でどこかの場所へ行く」ブロックを使って、画面のある位置へジャンプさせ、また着地させるという

必要なもの

  • micro:bitとバッテリーパック
  • Scratchリンクがインストールされている適切なコンピュータ。 Scratchをmicro:bitで動作させる方法については、 https://scratch.mit.edu/microbit を参照してください。
  • micro:bitを中に入れて保護できるような、柔らかいおもちゃ

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 独自のサウンドを録音して「ニャー(meow)」を置き換えましょう。
  • 空中に投げたときに、micro:bitのディスプレイに何かを表示してみましょう。
  • micro:bitのボタンを押すと、Scratchキャットのコスチュームが変わるようにしてみましょう。
  • micro:bitを空中に投げるたびに、 Scratch キャットが高くジャンプするようにしましょう。