Skip to content

アクティビティ

Scratchはらぺこ恐竜

初級 | Scratch | LED表示, 加速度センサー | センサー, 変数, 抽出

ステップ1: 作る

説明

micro:bitとScratchで無線ゲームコントローラーを作る方法を学び、タコスを恐竜に与える手助けをしましょう!

恐竜がタコスを食べて虫をよけるScratchゲームのスクリーンショット

動作の仕組み

  • ゲームをするには、micro:bitをScratchに接続します。micro:bitを傾けて恐竜を動かして、タコスを食べさせてあげましょう。
  • 恐竜がタコスに触れるたびに、 変数 が 1 ずつ増加します。
  • 虫をよけてください。 虫に触ると得点の変数が1ずつ減ります。
  • micro:bitの 加速度センサー入力 の読み取り値を使って、どの方向に傾けたかを判断しています。
  • 選択を使って次に何が起きるか判断します。前後に傾ければ、恐竜スプライトを(Y軸で)上下します。
  • 左右に傾けると、恐竜は画面上のX軸を移動します。
  • また、プログラムはスコアをmicro:bitに送信し、 LEDディスプレイ出力に表示されます。

必要なもの

  • micro:bitと電池ボックス(オプション)
  • Scratchリンクがインストールされている適切なコンピュータ。 Scratchをmicro:bitで動作させる方法については、 https://scratch.mit.edu/microbit を参照してください。

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • ゲーム終了のための勝ち負けスコアを追加します、
  • ほかの虫やタコスを増やしたり、他のいいものやわるいものを追加しましょう。
  • ゲームが進むにつれて難しくなるよう、ゲームにレベルを追加します。