Skip to content

アクティビティ

ギター1 - 曲をタッチ

上級 | MakeCode, Python | 端子, | 入出力, 電子工学, 電気,

ステップ1: 作る

説明

micro:bitギターを作る第1歩:micro:bitのタッチセンサーを使っていろんな曲を演奏しよう。

この2つのビデオで、何を作り、どのようにコーディングするかご案内します。

はじめに

プログラミングガイド

動作の仕組み

  • これはジュークボックスプロジェクトに似ていますが、micro:bitのボタンを使う代わりに、micro:bitピン
  • micro:bitにプログラムを書き込みます。 ヘッドフォンをピン0とGNDに接続すればが聞こえます。音を立てようプロジェクトご覧ください。
  • ワニ口クリップをピン1、2ともう一つをGNDに接続します。 1本の指でGNDに触れ、もう1本の指をピン1とピン2に接続されたワイヤーに触れます。 触れたピンに応じて別の曲を再生するはずです。
アルミホイルパッドのmicro:bitのピン1、2、GNDへの接続方法を示している写真
  • micro:bitはピン0をアナログ 出力として使用し、電気信号を音声(音)に変えて出力します。 ピン1と2をタッチ 入力として使用しています。 いずれかのピンとGND(グランドまたはアース)ピンに触れると、電気回路ができます。 微量の電流があなたを通じて流れて、micro:bitはそれを検出し、プログラムは曲の再生をトリガーします。

必要なもの

  • micro:bitと電池ボックス(オプション)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • ヘッドフォンやブザーやアンプ付きスピーカー
  • ワニ口クリップケーブル 5本
  • ギターやキーボード作成用の段ボール、アルミホイル、スティックのり、はさみ

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • アルミホイルと段ボールを使用してタッチボタンを作成します。 キーボードやギターに見える形にします。
  • アルミホイルに触れたときに演奏される曲を変更します。
  • 自作曲をプログラムしましょう。