Skip to content

アクティビティ

ギター2 - 和音

上級 | MakeCode, Python | 端子, | シーケンス, 和音, 電子工学, 電気,

ステップ1: 作る

説明

micro:bitギターやキーボードにワンタッチでコードを演奏させましょう。

micro:bitのピン0とGNDに接続されたヘッドフォン、ピン1、2とGNDに接続されたアルミホイルパッド。

動作の仕組み

  • micro:bitは一度に音を一つしか再生できないため、本物の和音は再生できません。 しかし、分散和音アルペジオは演奏できます。和音から3音を取り出して、順番に演奏すると、うまく一緒に聞こえます。
  • micro:bitをヘッドフォンに接続します。
  • アルミホイルパッドをmicro:bitのピンギター1 - 曲をタッチプロジェクトように
  • ピン1に触れるとFメジャーピン2に触れるとAマイナー分散和音

必要なもの

  • micro:bitと電池ボックス(オプション)
  • ヘッドフォンやブザーやアンプ付きスピーカー
  • ワニ口クリップケーブル 5本
  • オプションでギターやキーボード作成用の段ボール、アルミホイル、スティックのり、はさみ

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • プログラムを変更して別の和音を再生しましょう。micro:bitのボタンやジェスチャーを使って、2つ以上追加しましょう。
  • テンポを変更して和音を速く再生しましょう。 MakeCode ではテンポブロックを使用できます。 Pythonでは、最初の音符の数字を変更します: F4:4 は、4オクターブのFを4の間再生することを意味します。 2 番目の 4 を小さい数字にして、何が起こるか見てみましょう。
  • ループを使用すると、和音がアルペジエーター(キーが押され続ける限りアルペジオを演奏し続ける機能で、ある種のキーボードやシンセサイザーにあります)のように演奏し続けられます。