Skip to content

アクティビティ

音の出る感情バッジ

初級 | MakeCode, Python | LED表示, スピーカー, タッチロゴ, ボタン | 入出力

ステップ1: 作る

説明

感情バッジを作成し、音と絵でどのように感じているかを表現します。

はじめに

プログラミングガイド

学ぶこと

  • 新しい micro:bit に内蔵されている効果音を使って、プロジェクトをより個性的・表情豊かにする方法。

動作の仕組み

  • micro:bit に組み込まれているスピーカーは表現力豊かな効果音を鳴らせます。 このプロジェクトでは、ボタン A を押したときに LED 画面に「うれしい顔」アイコンを表示するとともに効果音「ハッピー」を鳴らします。
  • ボタン B を押したときには「かなしい顔」アイコンを表示するとともに効果音「悲しい」を鳴らします。
  • タッチロゴを押したときには「びっくり顔」アイコンを表示するとともに効果音「バネ」を鳴らします。

必要なもの

  • サウンド付きの新micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 「くすくす笑う」、「ハロー」、「キラキラ」など、他の新しい効果音を試してみよう。
  • プログラムを変更して、他の感情アイコンにしてみたり、自分で作った画像を表示するようにしてみよう。
  • それぞれの表情のアニメーションを追加してみよう。