Skip to content

アクティビティ

じゃんけんぽん

初級 | MakeCode, Python | LED表示, 加速度センサー | ランダム化, 抽出

ステップ1: 作る

説明

micro:bit2台で古典的なゲームをプレイし、選択、変数、乱数について同時に学びましょう。

石、紙、ハサミ

動作の仕組み

  • グーチョキパーは、二人でやる、偶然を使った古典的なゲームです。 あなたと相手は拳を3回振ってから、ランダムにグー、チョキ、パーのジャスチャーをします。 グーはチョキに勝ち、チョキはパーに勝ち、パーはグーに勝ちます(紙は石を包む!)
  • micro:bit加速度センサーが、揺さぶる動きを検出したら、乱数0、1、2を変数toolにセットします。
  • コンピューは0で数え始めるので0を使います。0は数字であることを覚えておいてください!
  • プログラムは、 選択 を使用して、 LED ディスプレイ に表示する画像を決定します。 乱数が0の場合、石アイコンが表示されます。1の場合は、紙を表すアイコンが表示されます。 0でも1でもなかったら、2でなければなりません。micro:bitに0と2の間の乱数だけを選ぶよう指示したので、その場合はハサミを表示します。

必要なもの

  • micro:bit2台(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック (オプション)
  • 一緒に遊ぶ相手

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • グー、チョキ、パーのために独自のアイコンを描きます。
  • グー、チョキ、パーを置き換える他のツールを考えるか、新しいルールを考えましょう。
  • micro:bitの無線関数を使って、友達のmicro:bitと通信して勝ったか負けたかを知るゲームを作りましょう。