Skip to content

アクティビティ

テレポートするアヒル

中級 | MakeCode, Python | 加速度センサー, 無線 | 通信, 電波

ステップ1: 作る

説明

アヒルを空中をmicro:bitから別のmicro:bitへ目に見えないように飛ばしましょう。

1台は揺すられ、もう1台はLEDディスプレイにアヒルを表示している2台のmicro:bit

動作の仕組み

  • このプログラムを2台のmicro:bitに書き込み、1台を振れば、もう1台に空中を経由して魔法でアヒルが移動したように見えます。 もう一方を振って送り返します。
  • これは実はマジックではありません。 micro:bitの無線機能を使って、加速度センサーが振るジェスチャーを検出すると、1台のmicro:bitからもう一方にデータを送信します。
  • プログラムは最初に無線グループを 23 に設定します。 グループはトランシーバーのチャンネルのようなもので、0から255までの数字が可能です。 友達のmicro:bitが同じグループ番号を使い、近くの誰も同じグループを使っていない限り、どの番号を選んでもかまいません。
  • 振ると、その無線グループに「DUCK」という言葉を送信し、画面を消します。 どちらかのmicro:bitが無線メッセージ(いかなる無線メッセージでも)受信したら、アヒルのアイコンがディスプレイに表示されます。いつでもアヒルが一羽しか現れないはずです。

必要なもの

  • micro:bit2台(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック (オプション)
  • 一緒に遊ぶ相手

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • どのくらい遠くに離れても動作するのか調べてみましょう。
  • 他の動物をテレポートさせてみよう。 絵、メッセージ、または両方を変更する必要がありますか?
  • 2人以上が同じ無線グループを使用した場合はどうなりますか? どうすればこれを修正できますか?