Skip to content

アクティビティ

micro:bitをはじめよう

初級 | MakeCode, Python | LED表示, ボタン, 加速度センサー, | シーケンス, センサー, 入出力, 反復処理, 抽出

ステップ1: 作る

説明

このインタラクティブな調査で、いくつかのBBC micro:bitができる事を発見し始めましょう。

この2つのビデオでは、それで何をするのか、どのようにプログラミングするのかを示しています。

はじめに

プログラミングガイド

動作の仕組み

このプロジェクトは、micro:bitを初めて使う人にとって入門としての探検に使うことができます。

プログラムをいくつかのmicro:bitにコピーして、それが何をするか調べてみましょう。 どんなイベント がmicro:bitを反応させますか? どんな入力と出力が 使われていますか? どのようなプログラミングコンセプトがそれを機能させているのでしょうか?

次に、コードブロック内の命令がどのようにmicro:bitに指示を出すか、プログラムを調べます。

  • 「最初だけ」ブロックの命令は、micro:bitがリセットされたり電源がオンになった時、一度だけ実行されます。 「アイコンを表示」ブロックは、 LEDディスプレイ にハッピーフェイスを出力して表示します。
  • 色々なボタン を押す事で、様々な出来事を起こせます。 Aボタンを押すと、「ボタンAが押されたとき」ブロックが呼ばれます。 micro:bitで四角形の素早いズームインが表示され、ゆっくりズームアウトします。
  • 連続 で異なる画像を表示することでアニメーションを作成できます。 一時停止の時間を長くしたり短くする事で、アニメーションの速度をコントロールします。
  • Pressing button B shows how the micro:bit can scroll text on the LED display output using the 'show string' block. 'Strings' are what we call collections of letters and symbols stored in a computer.
  • Press button A and B together to reveal a puzzle. You'll either see a sun or a moon. Can you work out what determines which picture is shown?
  • micro:bitにどのくらいの光が落ちているかによって異なります。 micro:bitのLED出力は入力、 光センサーとしても動作します。
  • コードは 'if ... th... else' 文を使用します。 これは selection、または 条件 ステートメントとして知られています。 の場合、明るさが 50 以下であることをテストします。 の場合、明るさが 以下であることをテストします。 Otherwise, else, it shows a moon.
  • The 'on shake' block reacts to information from the micro:bit's accelerometer sensor input. When you shake your micro:bit, it shows a surprised face for one second.
  • If you have a micro:bit V2 or connect headphones or a speaker to your micro:bit, you'll also hear different sounds when each different input event happens.

必要なもの

  • 2~3人ごとに少なくとも1つのmicro:bit
  • バッテリーパック(オプション)
  • micro:bit V1で音を聞くためのヘッドフォンとワニ口クリップ付きコード(オプション)
  • Meet your micro:bit worksheet (optional)

Meet your micro:bit worksheet

Meet your micro:bit worksheet

You may also find our Transfer to the micro:bit guide useful to learn more about how to transfer code from the editor to a micro:bit.

ステップ2: プログラムする

1# Imports go at the top
2from microbit import *
3import music
4
5
6display.show(Image.HAPPY)
7
8while True:
9    sleep(300)
10    if button_a.is_pressed() and button_b.is_pressed():
11        if display.read_light_level() < 50:
12            music.play(music.POWER_DOWN, wait=False)
13            display.show(Image('00990:'
14                               '00099:'
15                               '00099:'
16                               '00099:'
17                               '00990'))
18        else:
19            music.play(music.POWER_UP, wait=False)
20            display.show(Image('90909:'
21                               '09990:'
22                               '99999:'
23                               '09990:'
24                               '90909'))
25    elif button_b.is_pressed():
26        music.play(music.BA_DING, wait=False)
27        display.clear()
28        sleep(100)
29        display.scroll('Hello!')
30    elif button_a.is_pressed():
31        music.play(music.PRELUDE, wait=False)
32        for i in range(2):
33            display.show(Image('00000:'
34                               '00000:'
35                               '00900:'
36                               '00000:'
37                               '00000'))
38            sleep(100)
39            display.show(Image('00000:'
40                               '09990:'
41                               '09990:'
42                               '09990:'
43                               '00000'))
44            sleep(100)
45            display.show(Image('99999:'
46                               '99999:'
47                               '99999:'
48                               '99999:'
49                               '99999'))
50            sleep(1000)
51            display.show(Image('00000:'
52                               '09990:'
53                               '09990:'
54                               '09990:'
55                               '00000'))
56            sleep(1000)
57            display.show(Image('00000:'
58                               '00000:'
59                               '00900:'
60                               '00000:'
61                               '00000'))
62            sleep(1000)
63    elif accelerometer.is_gesture('shake'):
64        music.play(music.JUMP_UP, wait=False)
65        display.show(Image.SURPRISED)
66    
67

ステップ3: 改善する

  • Modify the code to make your own 'Meet your micro:bit' project with different pictures, animations and sounds.
  • Add extra inputs: can you make your micro:bit react to gestures other than 'shake'? React to pressing pins? Or, if you have the micro:bit V2 with built-in speaker, react to loud sounds or touching the logo?