Skip to content

アクティビティ

民謡フレール・ジャックのループ

中級 | MakeCode, Python | 端子, | パターン認識, 作曲, 反復処理,

ステップ1: 作る

説明

micro:bitをプログラムして、有名な曲や自分の曲を演奏しましょう。

この2つのビデオで、何を作り、どのようにコーディングするかご案内します。

はじめに

プログラミングガイド

動作の仕組み

  • を聞くには、ヘッドフォンやアンプ付きスピーカーをmicro:bitのピン0とGNDに接続します。
  • micro:bitで音楽を再生する時、ピン0は 出力 として動作します。
  • このプログラムは、フランスの有名な民謡を演奏するため音符を使用しています。 フレール・ジャックのは各小節を 2 回繰り返します。 micro:bitが同じ音符をもう一度再生できるようにプログラムできますが、 イテレーション ( ループ とも呼ばれます) を使う方がずっと簡単です。 このプログラムは、各小節を2回再生するループを使って、同じ音を2回プログラムしなければならない手間をはぶきます。
  • 認識パターンは計算論的思考の一部で、作業を実行する(音楽作品を再生する)最小量のコードを使って、コンピュータプログラムができるだけ効率よくなることを保証します。
ヘッドフォンに取り付けられたmicro:bit、フレール・ジャックの最初の4音符を示す五線譜

必要なもの

  • micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)
  • ヘッドフォンやブザーや増幅されたスピーカー
  • ワニクリップのリード2本

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • テンポを変えることで、スピードを速くまたは遅くします。
  • すべての音を完成させます。 追加で必要な音符はソラソファミド、ドソドですが、最初の4つの音符を1拍ではなく1/2拍で再生する必要があります。 ループ を使用してコードを効率的にすることを忘れないでください。
  • 五線紙を使用した他の曲をプログラムしたり、独自の作曲をしましょう。
  • Python ここで詳しく知ることができます。