Skip to content

アクティビティ

動物トラッカー

初級 | MakeCode, Python | 加速度センサー, 無線 | 13 気候, 入出力, 通信, 電波

ステップ1: 作る

説明

micro:bitの加速度センサーと無線機能を使って、科学者がホッキョクグマや他の動物を追跡し、気候変動の影響を知るのに役立つデバイスのプロトタイプを作りましょう。

このプロジェクトは、持続可能な開発のためのグローバル目標の課題解決のためのソリューションとして、技術調査のため設計された問題解決/プロトタイピング活動提供のため作成されたシリーズの一部です。

はじめに

プログラミングガイド

学ぶこと

  • 大規模プロジェクトのプロトタイプを作る方法
  • 電子機器間の無線通信が科学研究にどのように使用されるか。

動作の仕組み

  • このプログラムはmicro:bitの無線機能を使って動物の移動を追跡するプロトタイプを作成します。 MakeCodeシミュレータで使用するか、2台以上のmicro:bitにプログラムを書き込んだりできます。 一つは動物に取り付け、もう一つは科学者に受信機として使われます。
  • まず、無線グループを7に設定します。 グループはチャンネルのようなものです。両方のmicro:bitが同じグループを使用していることを確認してください。
  • このプロジェクトをペアで作成している場合は、各ペアがユニークな無線グループ番号を使用していることを確認してください。 0-255からグループ番号を選択できます。
  • 内蔵加速度センサーからの測定値を読み取り、無線で送信します。
  • 受信機は 加速度センサー の測定値を LED ディスプレイ に表示します。 数値が大きいほど、動きが速くなります。 これらの数値を使用して、動物の行動について推論できます。 例えば食べ物を探しているか、新しい生息地か、家を作るため一カ所にとどまっているかどうかです。

必要なもの

  • micro:bit2つ(またはMakeCodeシミュレータ)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • このプログラムはY軸の動きを測定します。 micro:bitの加速度センサーは、別の方向の力を測定し、全体的な強さも測定できます。 さまざまな軸の測定値を使ってどれが最適かを確認する実験を行います。
  • 測定する軸とセンサーmicro:bitの接続方法によっては、動物が静止している時でも測定値に気づくことがあります。 これは地球の重力が原因で、micro:bitはそれも測定できます! これが測定値に影響しないことをどうやって確認できるでしょうか?
  • 他のmicro:bit上のセンサーを使って動物に関するデータを送信できますか?
micro:bitボードに関連した3軸を示した図