Skip to content

アクティビティ

PIR動きアラーム

上級 | MakeCode, Python | LED表示, 無線, 端子 | センサー, プロダクトデザイン, 入出力, 通信, 電子工学, 電気, 電波

ステップ1: 作る

説明

移動検出器を使用したワイヤレス侵入者アラーム。

micro:bitの0、3v、GNDのピンに取り付けられたPIR移動センサー

動作の仕組み

  • PIR(パッシブ赤外線)センサは、動きを検出するために、盗難アラームおよびオフィス照明システムに一般的に使用されています。 micro:bit の端子 に接続すると(図を参照)、動きが検出されたときにアラームをかけられます。
  • センサーの電源入力(「VCC」や「+3v」と表示されているもの)をmicro:bitの3vピンに接続し、次にセンサーのGND(グランドまたはアースピン)をmicro:bit上のGNDに接続します。 次に、センサーの信号出力(「S」)をmicro:bitのピン0に接続します。
  • 1秒ごとに、センサーのmicro:bitがループを使って無線メッセージをアラームに送信します。 選択を使って、動きが検出されたらメッセージ「movement」を送り、動きが検出されなければメッセージ「still」を送ります。
  • micro:bit が示すアラームは、動きがあったら、LED画面に棒人間を表示して、アラーム音を出します
  • センサーの感度やタイミングを小さなドライバーで調整する必要があるかもしれません。 詳細については、センサー付属のドキュメントを確認してください。

必要なもの

  • micro:bit2個と電池ボックス2個
  • 3vで動作するPIR(パッシブ赤外線)センサーとmicro:bitにつなげる適切なリード線3本
  • センサーを調整する小型ドライバー
  • オプションとして、micro:bit を鳴らすためのヘッドフォン、ブザーまたはスピーカーと、それらを取り付けるワニ口クリップ付きコード

ステップ2: プログラムする

センサー/送信機:

アラーム/受信機:

ステップ3: 改善する

  • 動きを感知するしないによらず、無線メッセージを毎秒送信するので、このセンサ—では電池が長持ちしません。 動きを感知したときだけメッセージを送信して、エネルギー効率を改善しましょう。 アラームプログラムも変更しなければなりません。
  • センサー用のmicro:bitを追加して、ユニークな無線メッセージ(例えば「台所で動きあり」)を送ることで、別の部屋の動きを追跡できます。
  • あかりアラームプロジェクト圧力スイッチアラームプロジェクト のような他のセンサーを追加してネットワークされたアラームシステムを作りましょう。