Skip to content

アクティビティ

サイコロ

初級 | MakeCode, Python | LED表示, 加速度センサー | センサー, ランダム化, 入出力

ステップ1: 作る

説明

micro:bitを振って乱数を作りましょう。

この2つのビデオで、何を作り、どのようにコーディングするかご案内します。

はじめに

プログラミングガイド

動作の仕組み

  1. おバカになるプロジェクトのように、このプログラムは、micro:bitの加速度センサーを使って、振った時に何かを起こします。
  2. micro:bitを振ると、プログラムは1から6までの乱数を選び、その数値をLED画面に表示します。
  3. コンピュータは正確に規則的な動作をする機械なので、ほんとうにランダムな数を作るのはとても苦手です。
  4. それぞれの数が出てくる頻度を集計してみましょう。 これらの数字は本当にランダムですか? 本物のサイコロと比較しましょう。

必要なもの

  • micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)
  • 本物のサイコロ(オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 数秒間数字を表示し、LEDディスプレイを消去してバッテリーを節約します。
  • サイコロを2個振ります。 2 から 12 までの乱数を作ったり、1 から 6 までの 2 つの乱数を作って一緒に加えることができます。
  • 各スコアがどのくらいの頻度で発生するか、両方の方法を試してみてください。 違いがでますか? ある数字は他の数字よりよく出ますか?