Skip to content

アクティビティ

傾きアラーム

上級 | MakeCode, Python | 加速度センサー, 無線 | センサー, , 通信, 関数

ステップ1: 作る

説明

この無線制御の盗難アラームで貴重品を安全に保管しましょう。

スーツケースの中から無線電波を出すmicro:bit

動作の仕組み

  • micro:bitが揺さぶられると、加速度センサーが動きを検知し、LEDディスプレイ上に怒った顔を表示し、警告を再生します。
  • また「泥棒!」のメッセージを 無線で送信して、誰かが貴重品を動かしていれば別の micro:bit が警告します。
  • micro:bitが2台ある場合は、このプログラムを両方に書き込んでください。 保護したい貴重品の中か上に一台をつけて、もう一台はあなたの近くに置きます。 ブザーやスピーカーをあなたのそばにあるものと接続します。
  • 動きのセンサ—用micro:bitと、アラーム用の両方で怒った顔を表示しBADDYの曲を演奏したいので、このプログラムは関数(またはプロシージャ)alarm
  • プロシージャや関数は、コードの一部をプログラムの異なる場所で使用したいときに非常に便利です。 複製したコードを節約し、プログラムをコンパクトかつ効率的にします。

必要なもの

  • micro:bit1、2台
  • micro:bit を2つ使用する場合はバッテリーパック
  • 大事に守る貴重品
  • オプションとして、ヘッドホンまたはブザー、アンプ付きスピーカーと、取付用のワニ口クリップ付きコード2本

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • このようなアラームで他に何を守りますか? 木を保護するためにどのように役立ちますか?
  • 加速度センサーの読み取り値または他のジェスチャーを使用して、もっと感度をよくしましょう。
  • プログラムを2つに分けて、貴重品へ取り付けるセンサー用と、手元においてくアラーム用を別のプログラムにしてみます。
  • 貴重品ごとに別のアラームセンサーをつけて、貴重品によって異なるメッセージを送信し、異なる絵を表示するようにします。