Skip to content

アクティビティ

輝く太陽光線

初級 | MakeCode, Python | LED表示 | シーケンス, 反復処理

ステップ1: 作る

説明

太陽が昇ってきたプロジェクトの太陽アイコンを使って、日光のアニメーションを作ります。

micro:bitディスプレイ上の太陽のアニメーション

動作の仕組み

  • このプログラムはLEDディスプレイに、ちょうど太陽が昇ってきたプロジェクト
  • 次の画像を表示するまで、各画像間で500ミリ秒(0.5秒)一時停止します。
  • この絵の列が、太陽の中心から光が出るアニメーションになります。
  • 命令は「ずっと」つまり無限ループ
  • アニメや映画を作るとき、コンピュータはよく使われます。 次々と少しずつ違う映像を見せて動いているかのように錯覚させるのです。

必要なもの

  • micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)
  • 正方形の紙で自分の太陽光線のデザインをスケッチします (オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 500ミリ秒の遅延を変更して、アニメーションスピードを速くまたは遅くします。
  • 太陽と光線を自分でデザインしてみましょう。
  • Pythonでは、1から9の範囲の数字を使って、中心から遠ざかるにつれて太陽光線が弱まっていくのを表現します。.