Skip to content

アクティビティ

華氏温度計

中級 | MakeCode, Python | LED表示, ボタン, 温度センサー | 入出力, 関数

ステップ1: 作る

説明

このプログラムは簡単な関数を使って、 micro:bit の温度センサーで読み取った温度を、摂氏から華氏に変換します。

動作のしくみ

  • micro:bitのプロセッサには温度センサー入力が内蔵されており、摂氏で測定されます。
  • 関数を使用すると、温度を華氏に簡単に変換できます。
  • convertCtoF 関数は、例えば最高最低温度計などで、変換コードを簡単に再利用できることを意味します。
  • この関数はmicro:bitのボタンBを押した時に変数や数の代わりにconvertCtoFを使うことによって呼び出されます。
  • 関数には摂氏で温度が渡されます。
  • 関数は渡された数字を取り、C と呼ばれる変数に格納し、1.8を掛けて32を加えて華氏に変換します。
  • この関数は変換された数値を返すので、ボタンBを押すと、LEDディスプレイ出力に華氏で温度が表示されます。
  • Aボタンを押すと、温度が摂氏で表示されます。

必要なもの

  • micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 摂氏または華氏で温度の後に「C」または「F」を示して表示を改善しましょう。
  • ボタンAとボタンBを一緒に押すと、 絶対温度 への変換を追加する関数を作成しましょう。
  • 華氏温度への変換を最高最低温度計 また 屋内屋外温度計に追加しましょう。