Skip to content

アクティビティ

タッチ式感情バッジ

初級 | MakeCode, Python | LED表示, タッチロゴ, ボタン | 入出力

ステップ1: 作る

説明

新micro:bitのタッチロゴセンサーを追加ボタンとして使用して、感情バッジプロジェクトに別の表現を追加しましょう

はじめに

プログラミングガイド

学ぶこと

  • コンピュータが入力を受け取り、コードを使用して処理し、さまざまな出力を作成する方法。
  • 出力をトリガーするボタン入力のように新micro:bitのタッチロゴを使用する方法

動作の仕組み

  • このプログラムは、Aボタンが押されたかどうかを感知します。そして、Aボタンが押された時にLEDディスプレイに幸せな顔アイコンを表示します。
  • Bボタンが押されたのを感知すると、LEDディスプレイに悲しい顔を表示します。
  • 新micro:bitの前面にあるゴールドのロゴに指で触れると、 プログラムがそれを感知して、LEDに驚いた顔を表示します。

必要なもの

  • サウンド付きの新micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 表示されるアイコンを変更するか、別の感情を表示するために独自のものを描きましょう。
  • それぞれのボタンを押すと、顔のアニメーションを作成します。
  • それぞれの感情に合ったさまざまな音を追加しましょう。