Skip to content

アクティビティ

温度計

初級 | MakeCode, Python | LED表示, ボタン, 温度センサー | センサー, 入出力, 天気&気候, 温度

ステップ1: 作る

説明

micro:bitに内蔵された温度センサーを使用してどれだけ暑い/寒いかを示します。

温度計アイコンの横に番号9を表示しているmicro:bit

動作の仕組み

  • このプログラムはプロセッサすなわちCPU(中央処理装置)に組み込まれた温度センサーから読み取り値を取得してmicro:bitがどれぐらい暑いか寒いかを示します。
  • プロセッサ温度は、あなたの周りの温度の°C(摂氏)のかなり良い近似値です。
  • このプログラムでは、入力ボタンAを押した場合、micro:bitはプロセッサの現在温度をLEDディスプレイ出力
  • micro:bitを暖い場所、寒い場所に持っていって、温度測定値がどう変化するか見てみましょう。

必要なもの

  • micro:bit(またはMakeCodeシミュレーター)
  • MakeCodeまたはPythonエディター
  • バッテリーパック(オプション)
  • 温度の変化を素早く見たいなら、熱源や扇風機のような冷却源 (オプション)

ステップ2: プログラムする

ステップ3: 改善する

  • 別の温度計と読み取り値を比較してください。 micro:bitはどのくらい正確ですか? 気温を計るためにmicro:bitの読み取り値を修正する必要がありますか?
  • 温度を華氏または絶対温度に変換します。
  • 無線を使って、(例えば屋外から屋内など)リモートセンサーに温度読み取り値を別のmicro:bitに送信させます。 このように屋内/屋外の温度計を作ることができます。