Skip to content

最初のステップ

はじめに

micro:bitを使ってみましょう。手順は簡単です。

micro:bitを動かす方法、micro:bitが持つ機能をプログラムする方法、自分の最初のプロジェクトを作成する方法を学びましょう。

BBC micro:bitはポケットサイズのコンピュータで、ソフトウェアとハードウェアがどう連携して動くのかを紹介します。 micro:bitはLEDディスプレイ、ボタン、センサーなど多くの入出力機能を持っていて、プログラムによってあなたや周りのものとやりとりできます。

新しいmicro:bitには、サウンド機能として内蔵マイクとスピーカーが追加になった他に、タッチセンサーとして機能するロゴや電源ボタンもあります。 詳しくはこちらのビデオをご覧ください。

必要なもの

  • micro:bitと単4電池2本が入った電池ボックス
  • Microsoft MakeCodeまたはPythonコードエディターを開くために、インターネットに接続されたコンピューター、スマホ、又はタブレット等
  • パソコンを持っているのであれば、micro:bitとUSBで繋いでください。
  • micro:bitを使ったプロジェクトを作って進めるには、ヘッドフォン、ワニ口クリップのついた導線、アルミ箔やペーパークリップなどの導電性材料などの追加アイテムがあると便利です。

コンピューターがどのように動くのかを学ぶ

micro:bit はコンピュータのはたらきを理解するのに役立ちます。 ノートパソコンにキー入力したり、携帯電話の画面にタッチするとき、あなたは入力デバイスを使っています。 入力を通じて、コンピュータは現実世界で起きていることを感知して、通常は画面やヘッドホン出力

入力と出力の間には、 プロセッサ があります。 プロセッサは、ボタンなどの入力から情報を取得し、ヘッドフォンで曲を再生するなど、出力で何かを起こします。

このビデオでは、micro:bitの入出力とプロセッサーの動作について、スマートフォンやコンピューターと比較して説明します。