マイクロビットを簡単に使うための5つのステップ

ステップ1:つなげる

micro:bitをマイクロUSBケーブルを介してコンピューターにつなげます(スマートフォンやタブレットを使いますか? モバイルデバイスからmicro:bitへケーブル接続する方法についてはこちらをクリックしてください)。 Mac、PC、ChromebookおよびLinuxシステム(Raspberry Piを含む)はすべてサポートされています。 楽しいアプリがありますので、試してみてください!

あなたのmicro:bitは、'MICROBIT'という名前のドライブとしてコンピューターに表示されます。ただ、普通のUSBディスクではないことに気をつけてください。

ステップ2:プログラミング

私たちのすばらしいエディターを使って、初めてのmicro:bitプログラムを書いてみましょう。 例えば、下の図のように、Javascriptブロックエディターでいくつかのブロックをドラッグ&ドロップしてシミュレーターでプログラムを動作させてみてください。

クリックしてこの例を自分で作ってみる

ステップ3:ダウンロードする

エディターでダウンロードボタンをクリックしてください。 micro:bitが読み取り可能なプログラムのコンパクトな形式である、hexファイルのダウンロードがはじまります。 hexファイルがダウンロードされたら、USBドライブにファイルをコピーするのと同じようにmicro:bitにコピーしてください。 Windowsでは右クリックして、[送る]→MICROBITを選ぶこともできます。

Windowsで[送る]

Windowsの「送る」コンテキストメニューを使う

Macでドラッグ&ドロップする

ステップ4:動かす

The micro:bit will pause and the yellow LED on the back of the micro:bit will blink while your code is programmed. Once that's finished the code will run automatically!

The MICROBIT drive will automatically eject and come back each time you program it, but your hex file will be gone. The micro:bit can only receive hex files and won't store anything else!

What cool stuff will you create? Your micro:bit can respond to the buttons, light, motion, and temperature. It can even send messages wirelessly to other micro:bits using the 'Radio' feature.

Check out the ideas page for more inspiration.

ステップ5:習得する

This page shows you how to get started with micro:bit, but as well as JavaScript Blocks you can use Python and text-based JavaScript to program your micro:bit. Head over to the Let's Code page to see the different languages, or check out the ideas page for some things you might like to try out.

スマートフォンやタブレットからmicro:bitをプログラムする

モバイルデバイスを使用していますか?スマートフォンやタブレットからBluetoothを使ってmicro:bitをプログラムできます。詳しくはここをタップして始めましょう!

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.