micro:bitファームウェアをアップデートする

micro:bitファームウェアとは

ファームウェアとは、デバイスを正しく動作させるための、特別なソフトウェアのことです。 ハードウェアを目的どおりに動かすためのソフトウェアと考えてもよいでしょう。 micro:bitの裏側には、2つのチップがついています。1つはユーザーが作ったプログラムを実行するためのもの、もう1つはユーザーのプログラム実行を可能にするファームウェアを実行するためのものです。

micro:bitは出荷時のファームウェアで問題なく動作するため、特にアップデートの必要がなければmicro:bitの機能のページにお戻りください。

ファームウェアのアップデートが必要になることがあるのは、新しいソフトウェア機能を試してみる場合です。このページでは、そのような場合にファームウェアをアップデートする方法を説明します。

現在のファームウェアバージョンを確認する

アップデートの前に、お使いのmicro:bitのファームウェアのバージョンを確認しておきましょう。 micro:bitをUSBでコンピュータと接続してMICROBIT ドライブにあるDETAILS.TXTを開きます。このファイルの「Interface Version」に書かれた番号を確認します。

# DAPLink Firmware - see https://mbed.com/daplink Unique ID: 9900000031634e4500624014000000320000000097969901
HIC ID: 97969901
Auto Reset: 1
Automation allowed: 0
Overflow detection: 0
Daplink Mode: Interface
Interface Version: 0250
Git SHA: 682d8303e37355532402b8d93c4f240a3cec02a9
Local Mods: 0
USB Interfaces: MSD, CDC, HID, WebUSB
Interface CRC: 0x3f2b7e12
Remount count: 0
URL: https://microbit.org/device/?id=9900&v=0250

ファームウェアをアップデートする

  1. 次のhexファイルをお使いのコンピューターにダウンロードします。
  2. 最新のmicro:bitファームウェアをダウンロードする
  3. そしてバッテリーパックを取り外し、USBケーブルをコンピューター側に接続した状態で、micro:bitの背面にあるリセットボタンを押したまま、USBケーブルをデバイスに接続します。 これによって、MAINTENANCEという名前のドライブがファイルマネージャー上に表示されるはずです。
  4. micro:bitのメンテナンスモード
  5. 先ほどダウンロードした.HEXをこのドライブにドラッグ&ドロップし、micro:bitの裏側にある黄色いシステムLEDの点滅が止まるまで待ちます。 アップデートが終了すると、micro:bitがリセットされ、自動的にデバイスの取り出し処理が行われ、その後、再びデバイスとして認識されますが、今回は通常のMICROBITドライブとして表示されます。
  6. 最後に、MICROBITドライブのDETAILS.TXTファイルを開いて、バージョン番号が、先ほどダウンロードしてチップに書き込んだhexファームウェアと同じになったことを確認します。
  7. 過去のファームウェアバージョン

    何らかの理由でファームウェアのバージョンをもとに戻したい場合、ここから過去のバージョンをダウンロードしてお使いください。

    バージョン0241 バージョン0250
Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.