夜のセンサーの概要ページ

この初級レベルアクティビティでは、「夜のセンサー」という、夕方「安全に注意して、周りから見られる」必要がある時に視覚や音声による合図を送る、特に聴覚や視力に障がいのある子どもたちに役立つであろう、身につけるデバイスを生徒たちが作成します。

カリキュラムリンク

  • コンピューター: アルゴリズム、分解、論理的思考、プログラミング、反復、繰り返し、選択、入力デバイス、出力デバイス、デバッグ、評価、設計、制作
  • 科学: 昼と夜 / センサー
  • 設計と技術: 製品設計
  • 市民権: 交通安全

スキル

創造的思考、問題解決、チーム作業、発表

背景

生徒はまず先に安全チャレンジの入門レッスンを終わらせていて、自ら安全に関する革新的なものを作る前に、例題リソースとして「夜のセンサー」に取り組んでいることを想定しています。 これは入門的なアクティビティなので、前もってmicro:bitの知識は必要ありません。

はじめに

この初級レベルアクティビティでは、「夜のセンサー」という、夕方「安全に注意して、周りから見られる」必要がある時に視覚や音声による合図を送る、特に聴覚や視力に障がいのある子どもたちに役立つであろう、身につけるデバイスを生徒たちが作成します。 コンピュータ的思考の中心的な概念を学び、仮想コード、フローチャート、反復、繰り返し、そして選択について紹介します。

時間: 3レッスンで60分

プログラム: MakeCodeエディター

安全へのチャレンジ入門

安全の革新的設計アクティビティ

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.