フィットネスの友の概要ページ

この初級レベルアクティビティでは、「フィットネスの友」という、運動するよう定期的に合図を送る身につけるデバイスを生徒たちが作成します。

カリキュラムリンク

  • コンピューター: アルゴリズム、分解、論理的思考、プログラミング、入力デバイス、出力デバイス、反復、繰り返し、デバッグ、評価、設計、制作
  • 科学: その核心
  • 体育: 定期的な運動の重要性
  • PSHE: 健康な心と体
  • 設計と技術: 製品設計

スキル

創造的思考、問題解決、チーム作業

背景

生徒はまず先に非感染性疾患チャレンジの入門レッスンを終わらせていて、自ら革新的なものを作る前に、例題リソースとして「フィットネスの友」に取り組んでいることを想定しています。 これは入門的なアクティビティなので、前もってmicro:bitの知識は必要ありません。

はじめに

この初級レベルアクティビティでは、「フィットネスの友」という、運動するよう定期的に合図を送る身につけるデバイスを生徒たちが作成します。 確保できるスペースや動ける範囲に応じて、25分ごとに単に「動く」こと(例題の通り)とか、1時間ごとにジャンピングジャック(両手・両足を開きながらジャンプすること)10回とか腕の上げ下げ10回といった何か特定のことをする合図になります。

コンピュータ的思考の中心的な概念を学び、仮想コード、フローチャート、反復、繰り返し、そして入出力デバイスについて紹介します。

時間: 3レッスンで60分

プログラム: MakeCodeエディター

非感染性疾患(NCD)へのチャレンジ入門

NCDの革新的設計アクティビティ

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.