Scratchとmicro:bitの出会い

Scratchとmicro:bitの出会い

先日のScratch 3.0のローンチにより、その広範囲に利用されていて、みんなから愛されているプログラミングプラットフォームを使ってmicro:bitを利用できるようになりました。 micro:bitをScratchプロジェクトの物理インターフェースとして、ボタンやモーションセンサーから入力を提供したり、Scratchからデータを出力するのにmicro:bitの画面を使うこともできます。 Scratchのウェブサイト(https://scratch.mit.edu/microbit)でどうしたらよいか説明しています。

MITのScratchチームが、ロンドンで行われるBETT 2019のMicro:bit教育財団の展示ブースで毎日(1/23~26)ワークショップを実施します。ワークショップの時間外に訪問すると、彼らと直接会って、どのようにScratchとmicro:bitが連携するのかもっと知っていただけます。

2019年春季号のHello World誌で特集を組んで、Scratchとmicro:bitを使用したインタラクティブな無線物理コントローラーを、いかに簡単に作れるか説明する簡単なゲームを紹介します。 Hello Worldは無料でダウンロードでき、物理コピーが英国の教育者に無料で提供されます。

Micro:bit教育財団は、あなたや若い学習者たちが創造的な遊びを通じて学びを発見する手助けとなるよう、無料のScratchカードを発表しました。

公式Scratchアカウント(https://scratch.mit.edu/users/microbit_edu/)にあるScratchカードやHello Worldの記事を支援するプロジェクトもご覧いただけます。

Scratchを始めよう!

Scratchとmicro:bitを始める
Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.