MakeCode × micro:bit 200 PROJECTが日本で始まる

新しく2019年に始まる国のプログラミングカリキュラムの導入に向けて、日本の先生たちは準備を進めています。 そのカリキュラムでは、初等教育でプログラミングを必修化し、日本の未来の技術ソリューションを推進する、新世代のデジタルイノベーターたちを育てることを狙っています。

このワクワクする発展を支援するため、デジタル革新を促進する事業者団体であるウィンドウズデジタルライフスタイルコンソーシアム(WDLC)と政府による「未来の学びコンソーシアム」が、MakeCode × micro:bit 200 PROJECTを立ち上げました。 このプロジェクトでは、最大200カ所の小学校に、micro:bitおよびMicrosoftのJavaScriptブロックエディターをベースにしたレッスンプランで構成されるキットを提供します。

この無料の教材は、カリキュラム変更に先駆けてプログラミングを直ちに始めたい学校に提供されます。 30か月分に相当する実践的なレッスンプランが提供される一方、学校は独自のアイデアやレッスンプランを教材データベースに追加して貢献することも可能です。 始めるにあたって各参加校に20台のmicro:bitが無料で提供されます。

その挑戦に応じた最初の学校は、micro:bitによるライトを作った千葉大学教育学部附属小学校でした。

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.