トルコの13歳micro:bit制作者

ムサブはトルコに住む13歳のメイカー(ものづくりを行う人)です。 下記は、micro:bitのみで実現したバイクシミュレーターを制作したムサブの自己紹介です。

こんにちは、ムサビです。 トルコに住む13歳のプログラマーです。 プログラミングは10歳からやっていますが、最近、BBC micro:bitをはじめました。 micro:bitが好きで、このページのバイクシミュレターのようなプロジェクトをいくつも作ってきました。

今日は、僕のこれまでの経験、今持っているアイディアや計画、他の子たちへのアドバイスをお話したいと思います。

まずは、これまでの僕の活動について紹介します。 プログラムをはじめたのは3年前、僕が遊んでるようなゲームって、どんなしくみになっていて、どうやったらつくれるのか、疑問に思ってからです。 それから、プログラミング言語や、プログラミングの環境などについて勉強してきました。 独学でとにかくプログラムを作ってみたんです。 やりたいことをやる、ってのがプログラミング(そしてすべてのこと)においてとっても大事だと思います。 プログラムを書いて、作品を作り上げるのが好きだから、これまであきらめずに続けてこれました。 C#とJavaをつかってきたんですが、今はPythonとJavaScriptが気に入ってたりします。

micro:bitを知ったのは最近ですが、とっても気に入ってます。 micro:bitを利用した作例や、クールな情報を探してるときに出会ったのが、David Whale作のすばらしいモジュール「bitio」です。 すぐに、このモジュールを試して、いくつかのプロジェクトを完成させました。 それから、イスタンブールでのミニ・メイカー フェア2017にそれらのプロジェクトを持ちこんで参加したんです。 そして、フェアで撮影した僕のビデオをいくつか、Whaleさんに見せてお礼をいいました。その結果、このブログ記事を書くことになったわけです :)

実は僕には、これから試してみたいアイディアや計画がいっぱいあります。 いまは、機械学習についてのオンラインレッスンをいくつか受けているところで、これを活かしたプロジェクトをつくりたいんです(トルコの伝統的なゲームを行うボットを作りたいと思っています)。 そのほかには、micro:bitを利用したゲームコントローラーに向け、ユーザーフレンドリーな環境をつくりたいとも考えています。

あとは、アドバイスでしたっけ? いつでも、好きなことをやるべきです。 ものごとが動作するしくみを、学び、自分で調べ、試してみてください。 身の回りのものごとに疑問を持ち、それを理解する努力をしてください。 目標を決めて、それを達成できるようやってみてください。もし、うまくいかなくてもいいんです。やりつづけるだけです。 学習に役立つ情報を積極的に探してください。 つねにベストを尽くしましょう。

とりあえず、こんなところかな。 みんなもプログラミングを楽しんでください!

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.