安全についてのアドバイス

安全に関する情報を読んで、あなたの体験を安全で楽しいものに。

安全のアドバイス

安全第一!

BBC micro:bitはシンプルに楽しく使うことが出来ますが、これはむき出しのボードで全ての電子部品が見えます。 これは特にこのように設計されていますが、部品が損傷したり、過熱したりする危険性が少なからずあることを意味します。 しかし、少しの配慮と注意であなたとあなたのmicro:bitを確実に守ることが出来ます。

以下の手順を慎重に読んで下さい!

はじめに... 当然のことながら、BBC micro:bitは、安全に使えるように設計されています。 しかし、店舗で購入する家電製品とは異なり保護ケースはなく、全ての電子部品が露出しています。 電子機器の実装方法を見ることができるので、我々はこの方法で設計しました。 スッキリとして見えますが、注意して取り扱う必要があります。 このような電子機器を利用する時には、静電気の発生を避けることが重要です。 金属素材にタッチして自分自身を「アース」にすることで、蓄積した静電気を放電することができます。 椅子やテーブルの脚は良い選択になると思います。 必死に固執する必要はありません - 必要なのは素早いタッチだけです。

静電気が発生していないことが確認できたら、micro:bitを手にとってプラグインしましょう! 最初に使用するときは、ボードが破損していないか調べて下さい。 あなたのmicro:bitは、冷たく動作するように設計されています。触ったときに熱くなったら、直ちに使用をやめ、サポートサイトに報告してください。 あなたが購入したmicro:bitの場合は、販売店に返品に関してお問い合わせ下さい。

私たちは、すべてのBBC micro:bitが最初に接続される時には、教師が教室で監督し、家に居るときは親が監督できることが健全だと思います。 あなたが立ち往生してしまった場合、このサイトにはアドバイスがたくさんあります。 詳細は「始めましょう」ページと手順の動画をご覧下さい。

重要な4つのヒント

さらに、以下の4 つの安全ポイントに注意喚起したいと思います。

  • BBC micro:bitを使用していないときは、常に帯電防止袋に入れておいてください。 学生が手に取る前に自分自身をアースすることは良い習慣です。
  • BBC micro:bitの縁だけを持って下さい。電源が入っている間は部品に手を触れないで下さい。
  • BBC micro:bitの電源としてはバッテリーパックとUSBケーブルのみを使って下さい。 micro:bitの電源としてポータブルバッテリーチャージャーやUSB充電ポート(稲妻マークや'SS'と表記されているポート)は使用しないで下さい。 これらを使用すると、micro:bitが損傷し、正常に動作しなくなる場合があります。
  • あなたの生徒がBBC micro:bitを傷つけないようにして下さい。 micro:bitに欠陥や損傷が見つかった場合は、サポートサイトまたは購入した販売代理店に直ぐにご連絡いただき、予備のmicro:bitに交換してください。

安全に使える虎の巻をダウンロード!

  • Click here to download our safety guide (PDF)
  • Click here to download the safety guide for students (PDF)
  • BBC micro:bitが動かないときは?

    If your micro:bit has arrived broken or isn't working properly, don't panic - we're here to help.

    Did you purchase your micro:bit?

    If the micro:bit has been purchased then it should be returned to the retailer and exchanged in accordance with their sales and returns policy

    Were you given the micro:bit, either through the 2016 BBC free distribution or through the Micro:bit Foundation sponsorship?

    If you received your micro:bit during the 2016 free distribution, please note that the BBC is no longer accepting returns of any faulty devices that were distributed during the free drop to schools. Their recommendation is that the schools replace faulty devices from the spares that they sent to the schools at the time of delivery.

    If you are not able to do this or you received yours through the sponsorship scheme then, firstly, please check if it is the micro:bit itself or is it the batteries, the battery pack or the USB. If one of these is at fault these can be replaced very cheaply from one of our suppliers.

    If you’re sure it’s the micro:bit board itself then you should initially raise the problem by submitting a new ticket via our Support site. Our support team will work with you to resolve the problem and ensure you continue to get the best from your micro:bit experience.