マイクロビットを簡単に使うための5つのステップ

ステップ1:つなげる

micro:bitをマイクロUSBケーブルでコンピューターにつないでください。Mac、Windows PC、Chromebook、Linuxをサポート。楽しいアプリケーションをすでに入れてあります。試してみてください!

micro:bit being plugged in and turning on あなたのmicro:bitは、'MICROBIT'という名前のドライブとしてコンピューターに表示されます。ただ、普通のUSBディスクではないことに気をつけてください。

ステップ2:プログラミング

私たちのすばらしいエディターの1つを使って、はじめてのmicro:bitプログラムを書いてみましょう。 例えば、下の図のように、Javascriptブロックエディターでいくつかのブロックをドラッグ&ドロップしてシミュレーターでプログラムを動作させてみてください。

Making a flashing heart in Javascript Blocks Editor

ここをクリックして自分で例をつくってみましょう。

ステップ 3:ダウンロード

エディターでダウンロードボタンをクリックしてください。 micro:bitが読み取り可能なプログラムのコンパクトな形式である、hexファイルのダウンロードがはじまります。 hexファイルがダウンロードされたら、USBドライブにファイルをコピーするのと同じようにmicro:bitにコピーしてください。 Windowsでは右クリックして、[送る]→MICROBITを選ぶこともできます。

Windowsで[送る]

using Send To context menu on Windows

Macでドラッグ&ドロップする

using drag and drop on mac OS

ステップ4:さあ、遊ぼう

あなたのプログラムが書き込まれる間、micro:bitは一時停止し、micro:bitのうら側の黄色いLEDが点滅します。 終わったら、プログラムが自動的に実行されます。 micro:bitの黄色いLEDが点滅し、新しいプログラムが動き始める MICROBITドライブは自動的に取り出された状態になり、プログラムが完了するたびにふたたび現れますが、ドライブ内のhexファイルは消えます。 micro:bitはhexファイルを受け取ることしかできず、なにかを保存できるわけではありません!

さて、どんなカッコいいものを作りましょうか?micro:bitはボタン、明かり、動き、温度に反応することができます。無線機能を使って他のmicro:bitに無線でメッセージを送ることもできます。

ハードウェアのページを見て、インスピレーションをふくらませてください。

ステップ5:マスターする

このページでは、どのようにmicro:bitをはじめるかについて説明しました。JavaScriptブロックエディターに加え、PythonやテキストベースのJavaScriptをmicro:bitをプログラムするときに使うこともできます。 プログラムしましょうページに行って別の言語について見たり、アイデアページから試してみたいことをチェックしてみてください。