エラーコード

エラーのmicro:bit。

micro:bitでコードが実行出来なくなることがあります。これが起きると、micro:bitにしかめ面(画像参照)が表示されその後にエラー番号が表示されます。

このようなことが起きたら次のようにします。

  • デバイス裏面のリセットボタンを押してプログラムを再起動する
  • スクリプトをもう一度micro:bitに書き込む

問題が解決しない場合は、サポートチケットを送信してその問題を報告してください。

エラー番号

以下は、エラー番号とその意味のリストです。

  • 10: micro:bitのI2Cバスが動作していません。デバイスが物理的に破損している可能性があります。ヘルプを得るためサポートチケットを送信してください。(MICROBIT_I2C_LOCKUP)
  • 20: micro:bitに空きメモリがありません。プログラムが複雑すぎるか、プログラムに含まれる変数が多すぎるかもしれません。 (MICROBIT_OOM)
  • 30: micro:bitのヒープ領域に破損が検出されました。お使いのデバイスに異なる.hexファイルを書き込むか、ヘルプを得るためサポートチケットを送信してください。(MICROBIT_HEAP_ERROR)
  • 40: micro:bitはスクリプトを正しく実行できません。一旦異なる.hexファイルを書き込んでみて、その後に先ほどのスクリプトを再度書き込んで実行してみてください。(MICROBIT_NULL_DEREFERENCE)
  • 42: micro:bitはスクリプトを正しく実行できません。一旦異なる.hexファイルを書き込んでみて、その後に先ほどのスクリプトを再度書き込んで実行してみてください。
  • 43: micro:bitの無線コンポーネントでエラーが発生しました。
  • 98: JavaScriptブロックエディターの制御ブロックでエラーが起きた時に発生します。コードを見直すか、サポート チケットを送信します。

更なるエラー番号については、このサポートチケットをご参照ください。

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.