トゥルース・オア・デア

このレッスンでは、乱数と入出力について学びます!

  • Get started
  • JavaScript Blocks
  • Inputs
  • Random
  • Variables
Print lesson
  • 年齢 8+
  • 30 分
  • JavaScript Blocks

はじめに

このレッスンでは、ボタン入力の使い方を学び、LED表示を使って『トゥルース・オア・デア』ゲームを作ります。マイクロビットのボタンAを押して、『トゥルース(真実を言う)』か『デア(挑戦する)』か決めます。

先生用ガイド

開く

アクティビティ

全5ステップ

ステップ 1

このプログラムは、マイクロビットが準備完了という意味で矢印を表示して、ユーザーがAボタンを押すと無作為に『トゥルース』か『デア』を選んで表示します。

最初のステップは、矢印を作ります。ブロック種類選択メニュー『基本』から『show leds(LED表示)』ブロックを選択します。


ワークスペースに『show leds(LED表示)』ブロックをドラッグして、LEDを点灯させたい■をクリックしてパターンを作ってください。赤い■が点灯するLEDです。


LEDを常に点灯させるには、『show leds』ブロックを『ずっと』ブロック内に配置します。『ずっと』ブロックは、ブロック種類選択メニュー『基本』にあります。『ずっと』ブロックをドラッグして、『show leds』ブロックに組み合わせてください。(注:新しいプロジェクトを開くと『ずっと』ブロックと『最初だけ』ブロックがワークスペースにあります)


ステップ 2

プログラムの次のステップは、ボタンが押されたら占い結果を表示することです。 ブロック種類選択メニュー『入力』を選択して、『ボタンAが入力されたとき』をドラッグしてワークスペースにおきます。


ランダム関数の結果は、変数に保存する必要があります。ブロック種類選択メニュー『変数』を選択して『変数を追加する』をクリックします。


変数の名前を入力するよう、ポップアップダイアログボックスが表示されます。以下は変数名を『Random』にした例です。


Using the “set item” block, drag it onto the workspace and connect to the button “A” input block.

ステップ 3

Now the variable “Random” has been created this can be found on the “Set item” drop down menu by pressing the down arrow and selecting “Random”.



Now that the variable is set to “0” when the A button is pressed, we now need to assign a random number to it. From the block menu select the “Math” option and select “pick random 0 to 4”


Drag the “pick random” block onto the workspace and join to the “set random” block. A random number between 0 and 1 will give us the 2 options needed.

ステップ 4

Now we include a selection process using the IF statements found within the “logic” option within the block menu.


Drag the “IF” block into the workspace and connect it to follow the “random” block.


Next there we need to create a logical statement for the IF statement to be based upon to allow for selection. Again from the “logic” option on the block menu, add an “equals” block.


ステップ 5

To ensure the micro:bit bases the IF statement on the random number, the value stored in the variable “Random” needs to be checked. The “Random” variable can be found from the variable option in the block menu.


The “Random” variable block is placed in the “equals” block to test the IF statement logic. If the “Random” variable contains a “0” the first option is selected otherwise the second option is chosen.


To get the “truth” or “Dare statements displayed on the screen the “show string” block is required from the basic option on the block menu.


The program is completed and both elements will work together at the same time, displaying the led arrow pattern, when the button hasn’t been pressed.


Save the project and download to the micro:bit.

Challenge

Try to add the following functionality:

  • Add the number of player in the game and display who is playing.
  • Add different directions of the arrow.
  • Add an animation of the arrow spinning.
  • Add a score based system whether completed the truth or dare.

Learn More

The 'Magic 8' activity builds on this project to create a question-based game.

Selecting this opens external content from our support system, which adheres to their privacy policy.